今回は、俺がダイエット期間中に参加していた(させられていた)飲み会について書いていきます。

 

 

お酒は好きですが、人付き合いが大嫌いな俺。。。

 

 

飲み会がある度に億劫な気持ちになっていたことを今でもよく覚えています。

 

 

しかし、営業職ともなるとどうしても飲み会は必須になるケースも多いのが辛いところ。

 

 

それでも、太らないという意味でなんとか乗り切っていた当時を思い返してみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

断りきれないクソ飲み会

 

仕事をしながら半年間もダイエットをしていると、仕事上どうしても行かなくてはならない飲み会が何回か発生します。

 

 

歓送迎会や、偉い人を交えた懇親会は強制参加でしたので、人付き合いが大嫌いな俺でも渋々参加せざるを得ませんでしたね。

 

 

しかし、ダイエッターにも関わらず、強制参加の飲み会とはいえ、好きなだけ飲み食いするのはただのアホ、ただのデブです。

 

 

俺はただのバカではありますが、ただのデブには成り下がりたくなかったので、飲み会に参加しながらも、いかに太らずしてその場を乗り切るかを必死に考えていました。

 

3つの心構え

 

俺が主に実践していたことは下記の3つです。

 

①喋りまくって食べるタイミングを無くす

②酔っぱらったふりをして、食べなくていい状況を作る

③たまにつまむけど、ローカロリーなものを食べる

 

こういった職場のクソ飲み会では、飲める人が飲まないという選択肢はあまり現実的ではありませんので、俺はそれについては諦めていました。

 

 

それよりかは、油断して揚げ物や、炭水化物をバクバク食べてしまうことの方がよっぽど危険です。

 

 

そこで思いついたのが上の3つということになります。

 

 

まず、①の喋りまくって食うタイミングを無くすですが、コミュ障な俺にとってはかなりの苦行でした。

 

 

喋りも食べもせず、ただ座っているなんて、ただの太った置物になってしまいます。

 

 

それでもいいというデブの方はそれでもいいですが、俺はなんとなくそれは避けたかったので、都度飲み会用の自虐ネタを5個くらい用意して、その場で話すようにしていました。

 

 

デブというだけで軽くいじられキャラだったので、軽くそんな自虐ネタでも入れておけば更にいじられて食う方にはあまり意識がいかなくなります。

 

 

なので、デブでコミュ障という方は日々の失敗談でも軽くストックしておくことをおススメします。

 

 

デブの自慢話は暑苦しくて見苦しいだけなので、間違ってもやめましょう。

 

②の酔っぱらったふりをして、食べなくていい状況を作るでについて、、、

 

飲み会の趣旨にもよりますが、勢い良く最初の2、3杯を一気飲みして、ヘラヘラ酔っぱらいつつ、喋りまくっていれば、そうそう被害に遭うことはありませんでした。

 

 

でも、どの会社にも飲み会での曲者が一人二人いますよね。

 

 

飲み会が荒れると飲ませようとしてくるケースが多いですし。

 

 

そんな状況を回避するには、酔って寝るということしか俺にはできませんでしたが。

 

 

寝ているところを叩き起こして、更に飲ませるなんてレ○プまがいなことはさすがにされないでしょうから、翌日周りからグチグチ嫌味を言われることさえ我慢すれば、酔ったふりして寝るというのもありかもしれません。

 

 

とはいえ、そんな荒れた飲み会ではなく、落ち着いた飲み会の方が多いと思います。

 

 

そして、その飲み会中に何も食わないというのもこれまた現実的ではありませんので、多少は何か口にしますよね。

 

 

そこで③の食べてもローカロリーなものを食べるということになります。

 

 

俺のようなスーパーダイエッターもそうですし、デブの皆さんをダイエットをしていくうちに分かると思いますが、ダイエット期間中はとにかくありとあらゆるもののカロリーが気になります。

 

 

気になっているうちに、「こいつは大体○○kcalくらいだな」と分かるようになるんですね、これが。

 

 

まぁそうは言っても、ダイエット初心者の皆さんにそこまで高度な技術を求めるのは申し訳ないので、とりあえず枝豆やキャベツ、漬物盛り合わせでも食べておけば問題ないでしょう。

 

 

せっかく普段我慢してひもじい食事をしているのにも関わらず、行きたくもない職場のクソ飲み会でリバウンドをするなんて馬鹿げています。

 

 

そうなると、意志の弱い弱小ダイエッターの皆さんは当然のごとくダイエット自体を辞めてしまうことでしょう。

 

 

意地でも痩せたいデブは、一度実践してみてください。

 

スポンサーリンク

 

飲みで痩せることも可能

 

最後に、デブにはあまり縁の無い話をします。

 

 

これは残念ながら痩せた後の話ではありますが、飲みに行って一晩で1.5㎏体重が落ちたことが3回くらいあります。

 

 

どれも、シチュエーションが一緒だったのですが、女性を口説くために飲みに行った時です。

 

 

これもまた状況が一緒だったのですが、飲んで楽しくおしゃべりして次回に繋げる的な飲みではなくて、一晩で口説き落として、一晩だけの関係を持ちたいといった、なんとも自分勝手な状況です。(笑)

 

 

俺はこのような時、ある程度お酒の勢いも必要とするため、ほぼ食べることなく、一生懸命話して、一生懸命相手の話を聞きます。

 

 

そして、相手の反応を見ながら必死に次の行動を考え、そしてドキドキしながらそれを実行していくんですね。

 

 

なんで腹も大して減りません。

 

 

俺の場合は、例えば18時から飲み始めたとして、じゃあいよいよ誘うかとなるのは、早くて22時過ぎ。

 

 

結果、うまくいった場合はそのまま朝になりますが、翌日体重計に乗るとえらい体重が減っています。(俺の場合は1.5㎏くらい減っていることが多い)

 

 

前日の18時からほぼ食べず仕舞いですし、内容はどうあれ頭を働かせるのはカロリー消費に繋がりますし、行為も運動ですから当然と言えば当然かもしれないですね。

 

 

まぁこれは、皆が皆できるワケでもないですし、デブだと成功率も下がり、フラれた勢いでやけ食いしてしまうこともあるでしょうから、デブのうちはおススメできなりやり方です。

 

 

別に俺も痩せようと思って、わざわざ口説きに行っているワケでもないんですけどね。

 

 

考えようによっては、飲みにいきつつ痩せることも可能だということを言いたかっただけです。

 

 

どうせ運動するなら、キツい運動ではなく、気持ち良い運動をしましょうよ。

 

 

それでは今回も最後までお付き合いいただき、有難うございました。

 

スポンサーリンク