今回は、「リバウンドをしないために俺が日々行っていること」とは逆に、「行わないこと」について書きたいと思います。

 

リバウンドをしないために俺が日々行っている3つのこと

 

 

こういう記事を書くといつも思うのですが、自分自身が重度の体重依存症ではないかと疑ってしまいます。

 

 

太るのは簡単ですが、痩せたり、体型をキープするのは少々面倒なので、何をするにも体重が気になってしまいます。

 

 

ですが、俺は元々太りやすい体質ということもあり、気にし過ぎるくらい気にしていないと、あっという間に体重が増えてしまいます。

 

 

さて、今回ご紹介する3つは、主に飲み食いに関することです。

 

 

飲み食いが大好きなデブの皆さんにとってはツライかもしれませんが、少しでも参考になれば嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

間食をしない

 

俺は、日々食べる量と時間が大体決まっています。

 

 

軽めの昼ご飯、夜ご飯と夜のデザートです。(デザートは寝る1時間半前には食べ終えています。)

 

 

そして、基本それ以外は何かを食べるということはありません。

 

 

俺がデブだった頃もそうですし、周りのデブを見ていても、やはり余計な間食が多いです。

 

 

3時のおやつどころではなく、チョット小腹が空いた、チョット口元が寂しくなったら、すぐ何かを食べ始めます。

 

 

しかも、その場合はスナック菓子などカロリー高めの物に手が伸びてしまいがちなので、それだけで一食分のカロリーを摂取してしまうこともあります。

 

 

オヤツにコンニャクを食べるデブもいないでしょうしね。

 

 

あと、簡単に言うと、「大して腹が減ってないのにお菓子は食うな」ということです。

 

 

無駄な間食をやめれば、簡単に体重が増えることはないと思いますので、デブの皆さんはまずは感触を辞めてみたらいかがでしょうか。

 

 

それである程度慣れてきたら、俺のように昼ご飯を少なめにする分、夕食後はデザートを食べる等の調整をすればいいと思い

 

ジュースを飲まない

 

俺は夜にコップ二杯分くらいは酒を飲みますが、日中はお茶しか飲みません。

 

 

デブの頃は、コンビニや自販機で金を出してお茶を買うのはもったいないと思って、甘いコーヒーやジュースを買っていました。

 

 

ほんのり味がする天然水とかならまだいいかもしれませんが、コーラや甘いコーヒー、紅茶なんかは糖分の量が計り知れませんし、飲んでもまたすぐ喉が渇くのでおススメできません。

 

 

俺の周りにも、午後の紅茶のミルクティーばかり飲んでいる人がいます。

 

 

この人はご飯を食べる量こそは多くないですが、「いかにも水太りの腹」と化してしまい、チョット残念な感じになってしまっています。

 

 

個人的には食べることを我慢できれば、ジュースを我慢することは難しくないと思っていますので、食べることを我慢できたデブは、ぜひチャレンジしてみて下さい。

 

カロリーを確認しないで食料を買わない

 

今ではスーパーやコンビニで何を買うにしても、カロリー表記はチェックするようになりました。

 

 

一日に摂取するカロリーを大体決めているというのもありますが、よく見てみるとハイカロリーな食べ物が世の中にはたくさんあります。

 

 

俺がカロリーを見るようになって以降、カップ焼きそばや、パン、スナック菓子、その他もろもろ、食べることが減った食べものがたくさんあります。

 

 

体型を維持していきたい身としては、カロリーのパフォーマンスが悪すぎるんですよね。

 

 

大して腹持ちしない上にハイカロリーなんてやってられません。

 

 

日々スーパーやコンビニで売っているもののカロリーをチェックしていくようになると、居酒屋などに行ってカロリーが表記されていない場合でも、大よその目途が立つようになります。

 

 

居酒屋にまで行ってそんなこと考えてんのかと思われそうですが、日々の癖はなかなか抜けないものです。

 

 

今となっては食べ物を目にする度に、「これは大体何キロカロリーだな」と考えるようになってしまいました。(笑)

 

 

半分病気だと思っていますが、この癖のおかげもあり、日々の摂取カロリーはある程度セーブできているのではないかと思っています。

 

 

なので、デブの皆さんも痩せたいのであれば、一日の摂取カロリーをしっかり決めつつ、カロリー表記はしっかりチェックするようにしてください。

 

スポンサーリンク

 

やっぱり太りたくない俺

 

この3つが、俺がリバウンドをしないために、日々行わないことの3選です。

 

 

こんなことばっかり考えて実践しているので、体型維持はある意味俺にとって仕事なんかより大事になっているのかもしれません。

 

 

決して誇らしいことではなくて、こんなんだから痩せたところで人生上手くいっていないのでしょうけど。(笑)

 

 

でも太りたくないんですから、やっぱりたぶん病気です。

 

 

もしかしたら、ダイエットしなかった方がもっと人生楽しめたのではないかと今でもよく考えますが、もう仕方がないので諦めています。

 

 

ただ俺の数少ない成功体験でもありますので、なかなか体重の管理ができないデブの皆さんは、今回ご紹介したことの1つでも実践してみて下さい。

 

 

それでは今回も最後までお付き合いいただき、有難うございました。

 

スポンサーリンク