今回は、デブに対する世論について書きたいと思います。

 

 

世論と言っても、俺が普段見たり聞いたりしていることを書くだけですが。

 

 

いざ痩せてみると、デブに対して客観的に見えてくる部分も多いので、これはこれで面白いと思いました。

 

 

元デブが書く、デブの(個人的)世論調査ということで、どうぞ最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

世の中デブ嫌いが多い

 

今の世の中、「私、デブ嫌い」と言う人が大勢います。

 

 

俺もついついやってしまいがちですが、典型的な、人を見た目だけで判断するパターンですよね。

 

 

中身は凄いいい人でも、デブというだけで人から受け付けられないというのは、可愛そうというか、チョット哀れですよね。

 

 

でも、仕方ないんです。

 

 

それが、今の世の中の流れですから。

 

 

「不倫は許さない」という人が大勢いるように、「デブは許さない」という人が大勢いるのもまぁ仕方のないことです。

 

 

でもこれって、一部のデブが、その他大勢のデブの評判を下げていますよね。

 

・デブは部屋が汚い

・デブは臭い

・デブは仕事ができない

・デブはとろい

・デブはダメ人間

 

などなど。

 

 

でも、デブで綺麗好きもいますし、デブでまっとうな人間もたくさんいます。

 

 

恐らく、世の中のごく一部の強烈なデブがこのようなデブに対するイメージを生んでしまったのでしょうね。

 

 

デブのせいで周囲から不当な評価を受けている方がいれば、それは悪評を捲いたデブを恨むしかありません。

 

 

俺みたいに痩せててもダメな人間はたくさんいるのに不思議ですよね。(笑)

 

デブは出世できないと謳った本が記事がたくさん

 

俺は以前、ビジネス本をたくさん読んでいる時期がありました。

 

 

読んでいると、ある時期から途端に「出世したいならデブはダメ」、と書かれている本がたくさん出てきたんですよね。

 

 

「いやいや、そんなことあるか!」と思いつつ、俺もコロッと騙されてダイエットをスタートさせてしまったのですが。

 

 

要は、デブは自分を抑制できないから自己管理ができないとか、デブだと部下から憧れられないとか、そんなことがツラツラ書いてあるだけです。

 

 

アメリカ様がそのような傾向にあるらしいので、アメリカ様が言うならそうなんでしょう。

 

 

ただ、仕事もできて、地位もあるデブは俺もたくさん見てきましたので、意見としては偏り過ぎな気もしています。

 

 

また、俺はよく人様のブログを徘徊していますが、ブログの記事の中でも「デブ嫌い」を公言している方々がたくさんいます。

 

 

結局、言っていることは同じようなことなのですが、人気のあるブロガーがそのような発言をするとこれまた影響力大ですよね。

 

 

デブは電車賃を倍払えとか、そもそも重量税必要だろとか、俺もデブの頃同じようなことを言われていたのかと思うと、耳をふさぎたくなります。

 

 

こんな感じで、書籍やネットを通じてどんどんデブを排除していこうという流れが凄いですよね。

 

 

人によっては、「デブが嫌いと言ってる自分が好き」的な人もいそうですが。

 

 

下手したら、将来的にはデブも喫煙者と同じような立ち位置になり、デブ税ができたり、電車もデブ専用車両ができる日がそう遠くないのかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

能力のあるデブが痩せたら無双できる

 

俺からすれば、仕事ができるデブであれば、さっさと痩せてしまえばいいのになと思ってしまいます。

 

 

人それぞれ、得意不得意、向き不向きはあると思いますが、仕事のできない人間が仕事ができるようになるよりは、デブが痩せる方が圧倒的に楽だと思います。

 

 

仕事は能力や才能にもある程度左右されますが、ダイエットなんてやろうと思えば誰だってできます。

 

 

そして、仕事ができるデブが痩せれば、それはもう無双モードでしょう。

 

 

俺の場合は、元々仕事ができない、コミュ力がないで、痩せても人生が全く好転しませんでしたが、仕事ができるデブが痩せたら、それは人生が好転するかもしれませんね。

 

 

やっぱり個人的には、「仕事ができる」というのは、とても羨ましいことです。

 

 

「体重が30㎏増える代わりに、仕事がデキるようになるボタン」があれば、押してしまうかもしれません。

 

 

まぁ、ただの妄想ですけどね。

 

 

それでは今回も最後までお付き合いいただき、有難うございました。

 

スポンサーリンク