ダイエットに成功した俺は、仕事に遊び、これから何だって成功できると思っていました。

 

 

ついでに、働かずしてお金を稼ごう、、、

 

 

そんな誘惑に乗ってしまった俺、、、

 

 

そこで今回は、ダイエットで自己管理能力を身に付けた俺が、投資の世界に飛び込んだ時の話をしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

満を持して投資の世界に参加

 

俺はダイエットに成功後、興味本位で投資の世界に飛び込みました。

 

 

多少の下調べはしましたが、バカな俺は調べても大して内容が理解できず、「とりあえずやってみれば分かるか」といった程度でスタートさせました。

 

 

ですが、どんな下調べ情報にも「ロスカット(損切り)」ができなければ絶対に勝てないといった旨のことは書いてあり、投資を続けている今でも本当にその通りだと思っています。

 

 

逆に言うと、ロスカットさえきっちりできれば、大きく負けることもありませんし、むしろ投資で成功する可能性がグンと上昇します。

 

 

ここで詳しく説明するつもりはありませんが、このロスカットができるかできないかは、自分自身との戦いで、いかに自分の感情をコントロールできるかにかかってきます。

 

 

投資経験のある方はよくお分かりかと思いますが、これが本当に本当になかなかできません。

 

 

このロスカットをダイエットに例えると、チョット無理はありますが。。。

 

 

「今週はいつもよりハイペースで体重を減らせた → またには贅沢しちゃおうかな → あ、冷蔵庫に一個ケーキが残ってる」

 

 

こんな時、デブの皆さんはどうしますか?

 

 

ダイエットしていた頃の俺は、絶対にケーキを食べることはしませんでした。

 

 

自分がまだまだデブだということ(負け)を受け入れつつ、さらに欲を我慢するということです。

 

 

例えに少し無理がありますが、これがロスカットをすることとに近いことだと思っています。

 

 

ダイエットに成功した俺は、ロスカットも難なくできるし、投資の世界でも成功できるだろうと考えていたんですね。

 

 

それではその後、俺の投資成績はどうなったのでしょうか。

 

株にFX、どっぷりハマった俺の行く末

 

投資といっても色々ありますが、主に俺がやっていたのは株とFXです。

 

 

やっていることは簡単で、株であれば株価が上がりそうな銘柄を買って、FXであれば、例えばドル円が100円→101円になるような、円安に向かうであろうタイミングで「買い」ポジションを持つだけです。

 

 

始めて最初のうちはロスカットを強く意識していたので、なんとなくヤバいなと思ったらすぐにロスカットして、上がったら上がったで早い段階で利益確定をしていたので、可もなく不可もなくの日々でした。

 

 

また、ビギナーズラックが重なったというのもありますが、トータル的にはほんの少しプラスといった感じでした。

 

 

ダイエットで言うと、特に頑張ってもいないのに最初の1週間で2㎏くらい痩せれたという感じです。

 

 

その後、鳴かず飛ばずではあったものの、なんとなく勝てるやり方を掴んできたような気持ちになってきました。

 

 

30㎏のダイエットをしようとしている中、10㎏まではまぁ順当に痩せることができたかなという印象です。

 

 

そうなると、俺の場合は投資を甘く見始めてしまって、だんだんと大きな勝負をし始めるようになっていきました。

 

 

それと同時に、ロスカットをする額も、利益確定する金額もみるみるうちに膨らんでいきました。

 

 

その時は既に感覚がマヒしていましたが、ジワリジワリとロスカットができない自分ができあがりつつありました。

 

 

そしてついに、ある時やってしまうんですねぇ。

 

 

記憶に新しい方もいるかと思いますが、2016年11月にアメリカの大統領選挙がありましたよね。

 

 

この投資家にとっては数年に一度のビックイベントの前後で、なんと俺は100万以上の損失を出してしまい相場からの退場を強いられてしまたのです。(この時はFXが中心でした)

 

 

ヒラリーさんが当選するものだと思っていた俺にとっては、天地がひっくり返るようなショックを受けたことは今でも鮮明に覚えています。

 

 

状況的には、たった一瞬で100万失ったというワケではなく、何度もロスカットをするタイミングがありながらも、結局自分の精神をコントロールできなくなってしまい、最終的「強制ロスカット」を食らってしまったという結末でした。

 

 

これもダイエットに例えると、最初の10㎏はなんとなく調子良く減量できたものの、「今日だけのケーキ一つ」が、「今日も明後日も一週間後も続くケーキ」になってしまい、あっという間にリバウンドしてしまったような状況かと思います。

 

 

つまるところ、ダイエットで身に付けた自己管理能力は、投資の世界では何の役にも立たなかったということですね。

 

 

本当に悲しい話です。

 

スポンサーリンク

 

金は金。体重は体重。

 

その後、必死の思いでなんとか相場の世界には復活することができましたが、今でもなかなかロスカットができない自分と葛藤しています。

 

 

そう考えると、一言に自己管理、自分の気持ちをコントロールと言っても、金と体重(食欲)は全く別の生き物であるということになります。

 

 

そして俺にとっては、お菓子やケーキはいくらでも我慢することができますが、投資でのロスカットとなると、それとは比にならないくらいのメンタルコントロールが必要だということです。

 

 

では逆に、デブは投資で成功できないかというと、そんなこともないということですね。

 

 

ケーキを食べたいデブ → 含み損抱えた → これ以上損が膨らむとケーキが食えなくなる→ ならロスカットしよう

 

 

こんな思考で金より食べ物を優先させるデブであれば、それはそれで羨ましいです。

 

 

どっちもできないデブは、、、まずは投資から足を洗えばいいと思います。

 

 

投資をしなければ、金は増えませんが、減ることもありませんので。

 

 

ということで、「ダイエットに成功したからと言って、必ずしも投資でも成功するとは限らないよ」、といった俺なりの証明でした。(笑)

 

 

最後までお付き合いいただき、有難うございました。

 

スポンサーリンク