今回は、俺がダイエットに成功した時の周囲の反応について書いていきたいと思います。

 

 

91㎏から60㎏の30㎏のダイエットですから、見た目もそれなりに変わりました。

 

 

ある人からは、、、

 

「豚から鹿になったな」とちょっとワケの分からない例えをされたり、、、

 

 

ある人からは、、、

 

 

「最近流行のヒョロガリか」、とトゲのあるお褒めの言葉を頂きました。

 

 

そこで今回は、ダイエットに成功した当時の、俺の「家族」、「同僚」、「恋人」の反応について振り返りたいと思います。

 

 

デブの皆さんも、自分が痩せたら周りはどんな反応するかなと想像しながら読んで頂ければ嬉しいです。

 

スポンサーリンク

 

家族の反応

 

我が家は昔から父がデブで、母親が常に父に痩せろ痩せろと口酸っぱく言っていました。

 

 

それにも関わらず、俺は父を超える91㎏の巨漢デブになってしまったので、母は相当残念がっていましたね。(笑)

 

 

年に二回しか帰らないのに、帰るたびに痩せろと言われ、実家に帰った時くらい美味しい手料理をと思っていたものの、精進料理ばりのメニューを頂きました。

 

 

そんな母の願いが通じたのか、ダイエットに成功した俺ですが、痩せて初めて対面した時にはとても喜んでくれました。

 

 

父や姉からは、「病気じゃないの?」と言われてしまいましたが、「デブこそ病気の素よ」と父と姉に強く言い放っていたことを今でもよく覚えています。

 

 

何はともあれ、家族は喜んでくれて良かったです。

 

 

デブが祟って息子が早死にしても悲しいでしょうしね。

 

 

ただ、痩せたら痩せたで次は、「結婚は?」とか「今彼女はいるの?」とか、次なる要望に発展していきましたが。

 

 

痩せることに限らず、これからも家族からの要望は尽きそうにもありません。

 

会社の同僚の反応

 

当時の会社の同僚とは当然毎日顔を合わせていませいたので、俺がダイエットを頑張っている姿はよく知っていたと思います。

 

 

それにしても人間てのは。。。

 

 

自分や家族以外が頑張る姿や成功する姿が大嫌いなのでしょうねwww

 

 

ダイエットをスタートさせた当初は、「無理無理、お前には絶対無理」とか、、、

 

 

「まー、せいぜい頑張れば」という反応でした。

 

 

それが目に見えて痩せていくうちに、「いやいや、もうやめようよ」と言ってきたり、、、

 

 

行きたくもない飯に誘ってきたりして、今度は俺のことを太らせようとしてきました。

 

 

それにもめげず、なんとかダイエットに成功しましたが、同僚達の反応ときたら。。。(笑)

 

 

「おー、凄いね、見直した(はーあ、糞つまんねー)」

「格好良くなったじゃん。(ったく、余計なことすんなよ。俺のデブが目立つわ)」

「根性あるね。ダイエット本出しなよ。(どうせすぐリバウンドすんだろ。それか病気だな。)」

 

 

一見、賞賛してくれているようでしたが、二言目には、つまらんわー、おもろないわーという声が聞こえてきました。

 

 

実際声に出して言われたのもあれば、そうでなくても相手の反応を見て丸わかりなのもありました。

 

 

人間誰しも人の不幸が大好きですから仕方ないですね。

 

 

なのでこれからダイエットをしようと思っている方は、成功後、他人から妬まれるくらいの覚悟は持っておきましょう。

 

 

特に女性の場合は、男よりも妬みが激しそうですし。(笑)

 

 

そこは、自分さえ良ければいいと思って乗り切るしかないでしょう。

 

スポンサーリンク

 

恋人の反応

 

当時俺にはお付き合いをしている女性がいたのですが、実はデブだった頃に知り合った人だったんです。

 

 

付き合い出してから半年後くらいにダイエットをスタートさせたので、彼女にはモロに俺のダイエットにお付き合い頂くことになりました。

 

 

一緒に住んでいたワケではないのですが、会っても外食は無し、もちろん美味い物を食べに行こうと旅行にも一切行かず、俺のダイエットと称して、ウォーキングにばかり付きあわせていた記憶があります。

 

 

手料理もよく作ってくれていましたが、俺がリクエストするものと言えば、野菜鍋くらいでしたので、さぞ作り甲斐がなかったでしょう。

 

 

約半年のダイエットに付き合ってくれた彼女には感謝の気持ちしかありませんでしたが、当の彼女は痩せた俺を目の前にしてどう思ったのでしょうか。

 

 

ハッキリ言われました。。。

 

 

「太ってた方が良かった」、、、ってね。

 

 

たまにいますよねー、デブ専。(笑)

 

 

俺のプヨプヨした体が気持ち良かったり、よくでっぷりでた腹をポンポン叩いていたので、それが可愛かったみたいです。

 

 

なので、ダイエットに協力はしてくれていましたが、結果的に彼女を不幸にしてしまったかも分かりません。

 

自分と肉親以外は喜ばず

 

ここまで書いてきたのはあくまでの俺に限ったケースではありますが、やっぱり赤の他人は冷たい。(笑)

 

 

特に同僚や友達といった部類は、ダイエットに限らず他人が何かを頑張っていると焦りますし、失敗を願いますからね。

 

 

次回以降の記事になりますが、こうして他人に妬まれつつも他人を上手に避ける方法(当時ついていた嘘)なんかも、公開していきたいと思っています。

 

 

あ、最後にどうでもいい話ですが、当時の恋人というのは今の嫁です。(笑)

 

 

デブでも痩せでも、性格の愛称が良ければその辺はあまり関係ないということですかね。

 

 

デブの皆さん、少しは希望が持てましたか?

 

 

では今回も最後までお付き合い頂き有難うございました。

 

スポンサーリンク