今回は、ダイエット成功後に抱えているストレスについて話をしたいと思います。

 

 

俺は、ダイエットに成功したら全てがハッピーになると思っていただけに、今回記事にするようなことでストレスを抱えるなんて思ってもいませんでした。

 

 

ダイエットを始めるにしても、痩せたことをゴールにしてはいけない、、、

 

 

そう痛感させられています。

 

 

それでは今回も最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

体重の推移に一喜一憂してしまう

 

俺はダイエットを通じて我慢強くなったと思うことがある部分もあれば、とてもストレスを溜めやすくなってしまった部分もあります。

 

 

それは体重を維持しようと、日々の我慢からくるものもありますし、毎日乗る体重計の推移に一喜一憂してしまうというのもありますね。

 

 

30歳を超えてきたせいもあるかもしれませんが、食べたいものをある程度我慢していても体重が落ちることはなくなってきました。

 

 

それに加えて俺はお通じが悪いので、気が付いたら体重が増えていることの方が多いです。

 

 

「我慢してるのになんでやー!」と声を大にして言いたくなります。

 

 

あと、派遣になってからは減りましたが、月に一回でも飲みの誘いがあることに対しても、腹が立っていました。

 

 

断れる飲み会でしたら断わりますけど、そうでないものに関しては行く前からストレスが溜まります。

 

 

以前記事にしたように、飲み会で太らないための方法は俺なりに実践しているものの、念には念を入れてやはりしっかり調整してから飲み会に臨みたいものです。

 

 

そんな感じで、日々の生活が体重ばかりに依存してしまい、何も楽しむ余裕がなくストレスが溜まる一方です。

 

 

デブの頃は、痩せた後にこんな精神状態になるとは思ってもみませんでした。

 

 

デブの行動がいちいち目に付くようになった

 

また、痩せてからというものの、デブの行動にいちいち腹を立てることが多くなった気がします。

 

 

例えば、デブが電車の中で空席を見つけてやたと機敏な動きで座ってきたり、痩せなきゃと言っているデブが普通に間食したり、甘いジュースを飲んでいるのを見ると、「だからデブなんだテメーは!」と、ついつい声を荒げたくなることもしばしばです。

 

 

デブの中には、このままでもいいやと思っていると、痩せないといけないと思っているデブがいるかとは思います。

 

 

ただ、どんなデブも心のどこかでは痩せなきゃいけないとは思っているハズなんですよね。

 

 

だったらチョットくらい頑張れよと言いたいですし、ダイエットなんてそんな死ぬほど苦しいものでもありませんので、やっぱり自分に甘え過ぎなデブはムカつきます。

 

 

デブのくせに間食、デブのくせに寒がり、デブのくせにひ弱、挙げていったらキリがないですが、こういった類のものには都度腹が立つようになってしまいました。

 

 

俺がデブだった頃は、自分と同類、もしくはそれ以下の存在を見て安心していたものなのですが。

 

 

痩せてしまったことで、その他のストレスに加え、この二つのストレスも加わってしまい、よりストレスフルな生活を送るようになってしまいました。

 

 

本当に残念でなりません。

 

スポンサーリンク

 

余計なストレスをためないために

 

そんなストレスフルな俺の数少ないストレス発散方法ですが、とにかくちゃんと寝ることと、一人の時間を多く作ることです。

 

 

寝ることに関しては、最低でも1日6時間は寝るようにしています。

 

 

睡眠が足りないと、どうしてもイライラしてしまいがちですし、何をするにしても質が落ちてしまいます。

 

 

仕事の質なんてタダでさえ高くないのに、これ以上落ちてしまったら目も当てられません。

 

 

なのであまり夜更かしはせずに、しっかり寝るようにしています。

 

 

外部との付き合いについてですが、俺にとって外部との付き合いはストレスを生むだけです。

 

 

付き合いが発生すれば、余計な物も食べなければなりませんし、つまらんデブとの接触も防げます。

 

 

自分自身にさえストレスを抱えているのに、もうこれ以上はゴメンですね。

 

 

そんな感じで日々過ごしているので、スキルも人脈も無い人間に成り下がってはしまいましたけど。

 

 

まぁその辺は既に諦めていますので、なるべくストレスを抱えない生活を送りたいと思います。

 

 

それでは今回も最後までお付き合いいただき、有難うございました。

 

スポンサーリンク