今回は、人生そのものについて考えてみたいと思います。

 

 

と言っても、そんな深い話でもなく、とあることに左右され過ぎる人生もつまらないという話です。

 

 

俺の場合は、それがダイエット、体型維持になってしまったということになりますが。

 

 

たまに他の記事でも書くように、何事もバランスが大事ですよね。

 

 

残念ながら、俺の頭にはバランスという言葉がないのかもしれません。

 

 

良ければ、今回も最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

我慢して痩せている必要性があまり感じられない

 

たまに思うのですが、俺は今なんのために体型を維持しているのかということ。

 

 

モテたいと言っても、最近性欲がありません。

 

 

体重ばかり気にして、好きな物も大して食べれません。

 

 

挙句の果てに、痩せてデキリーマンになるつもりが、底辺派遣社員として絶賛君臨しています。

 

 

何か目的があって、体型を維持しているのであればそれはいいですが、もはやなんとなく惰性で維持しているような感じになってきました。

 

 

痩せてからこれといった成功体験もないので、余計にそう思わざるを得ません。

 

 

せめて、「痩せてからこんな凄いことができた!」の一つでもあれば違ったのでしょうが、人生そんなに甘くないとういうことですね。

 

デブでも人生を楽しんでいる人はたくさんいる

 

俺はデブに戻りたくないと思いつつ、やはりたまに羨ましく思えるデブもいます。

 

 

食べたい物を食べて、飲みたい物を飲む。

 

 

そしてできれば、言いたいとことを言えるデブであれば、仕事は多少どうあれ、少なくても今の俺よりはストレスの少ない、中身の濃い人生を送れるのではないかと思ったりもします。

 

 

辛気臭いデブは見ているだけでムカつきますが、豪快なデブは見ていて気持ち良いことがあります。

 

 

俺は以前営業畑にいましたので、おデ部長と呼ばれる人は数人見てきました。

 

 

ヤツらは仕事もできますし、体型も気にすることがありませんので、飯の付き合いも抜群に良いです。

 

 

それもあって、客や上司かれも好かれますので、どんどん出世していくんですよね。

 

 

体がデカい方が、なんとなく頼りがいがあるのかもしれませんし。

 

 

俺はそんなデブにだったらぜひなってみたいと思うんですけどね。

 

 

俺の場合、デブでも痩せでも結局仕事ができませんので、もはや叶わぬ夢ですが。

 

スポンサーリンク

 

臆病な俺は病気が怖い

 

では、これからの俺の人生どうしましょうか。

 

 

今日から食えるだけ食って、飲みたいだけ飲めれば満足するでしょうか。

 

 

満足はすると思いますが、やはり病気で苦しむということはできるだけしたくないです。

 

 

仮に、食い過ぎ飲み過ぎが祟って、心筋梗塞や脳梗塞でポックリ逝けるというのであれば、ぜひそうしたいところですが、そんな保証はどこにもありません。

 

 

糖尿病だの高血圧だの、死には至らないまでも、ジワジワと体を蝕んでいく病気にでもなったら目も当てられません。

 

 

だったら痩せていた方がいい、、、

 

 

とも思えないですし、本当に自分自身の考えが矛盾しています。

 

 

今日から10年間、好きなだけ飲み食いして、貯金を気にせずに金を使って、10年後に「ポックリ逝けるボタン」が表れるなら、押してしまうかもしれませんね。

 

 

太く短く生きたいとは思うものの、いざそれをやろうとすることはとても難しいものです。

 

 

それでは今回も最後までお付き合いいただき、有難うございました。

 

スポンサーリンク