今回は、俺のデブに対する想いについて書きたいと思います。

 

 

デブの気持ちが分かるお前なら、デブに優しいだろ、、、と思われそうですが、そうとも限りません。

 

 

デブ経験者だから分かることもありますし、そうでないこともあります。

 

 

逆に羨ましいデブもいます。

 

 

ほとんどが、俺個人の偏見ですが、どうぞ最後までお付き合い下さい。

 

スポンサーリンク

 

同情の余地はない

 

人生の半分以上はデブとして過ごしてきた俺ですので、デブの気持ちはよく分かっているつもりです。

 

 

デブって、基本的に周りからの視線は冷たいし、イジられるし、体は重いし、オマケにコミュ障とまでなれば、もう辛すぎます。

 

 

本当に悲しい限りです。

 

 

ですが、俺はそんなデブの気持ちが分かっているからこそ、同情はできないというのが正直なところです。

 

 

俺自身がそうでしたけど、ただのデブは本当に怠け者です。

 

 

食べたい時に食べて、飲みたい時に飲む。

 

 

運動をしようとしては続かず、常にやらない理由ばかりを探してしまう。

 

 

とにかく自分に甘くて、しまいには自分はもうデブのままでいいやと開き直る

 

 

デブが周りに与える不快感なんて考えたこともありません。

 

 

俺が職場や町中でデブと遭遇すると、あぁ、こいつも怠け者なんだろうなぁと思ってしまいます。

 

 

普段の生活がだらしなからその体型なんだろと、ついつい連想させてしまうのがデブの辛いところでもありますね。

 

 

それにしても、ただの怠け者に同情なんてする必要はありませんよね。

 

 

そのまま怠け続けて、風船のように膨らみ続けて、最終的には、、、パーンと破裂してしまえばいい。

 

 

そんな感情させ芽生えてきます。

 

 

痩せても痩せなくても人生は好転しないんだから、別にどっちでもいいというのも俺の意見でありますが、それでも客観的に見て残念に思えてしまうのがデブです。

 

 

元デブとして、今のデブに対してはこのようなことを思っています。

 

 

怒らないでくださいね。

 

能力のあるデブなら羨ましい

 

ですが、デブでもそれを凌駕する能力を持っている人は羨ましいです。

 

 

デブでも社長、デブでも絵が上手い、デブでも(だから)プロ並みの料理の腕、デブでも営業成績常に1番など。

 

 

俺は本当にただのデブで、何の能力もありませんでしたので、デブでもチビでもハゲでもいいから、人に誇れるような能力が欲しくて仕方がありませんでした。

 

 

結局、今痩せたからと言って何も能力がありませんので、自分へのコンプレックスは何も拭えていません。

 

 

能力があるデブって、自分に自信があるから凄く堂々としていますよね。

 

 

デップリ出ている腹にさえ、貫録のようなものを覚えます。

 

 

そんなデブにだったら、俺も喜んでなりたいです。

 

スポンサーリンク

 

清潔感だけは保って欲しい

 

そうは言っても、世の中にいるデブの大半は平凡な能力しか持っていないかと思います。

 

 

そんなデブにはせめて、清潔感をくらいは保って欲しいと思います。

 

 

汚いデブは本当に嫌われます。

 

 

これは、自分のことだけではなく、ぜひ周りに与える不快感について考えて欲しいと思います。

 

 

俺もよく満員電車に乗りますが、臭くて汚いデブにはたまに殺意を覚えます。(笑)

 

 

小ぎれいにしておけば、ギリギリなんとかなると思いますので。

 

 

まずは髪を切って、鼻毛を抜いて、髭もさっぱりしちゃいましょう。

 

 

ダメなデブは仕方ないにしても、汚いデブはいなくなってほしいと切に願います。

 

 

今回も最後までお付き合いいただき、有難うございました。

 

スポンサーリンク